スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

植物標本って…?

今日は本当に暖かく、春らしくなってきましたね。
富山でもようやくウメの開花がは発表されましたが、例年より26日も遅いとのこと…
寒いのが苦手な私は、サクラの咲くころが待ち遠しいです。

今回ブログを担当します、名前はようめいともうします。
植物園管理事務所で植物標本のデータ整理をメインに事務的なお仕事をしています。
ときどき入園窓口やサンライトホールインフォメーションコーナーにいることもあります。
たま~にですが
標本作成のお仕事をしながら、日々の雑用や一日何十件とかかる電話の応対をして、
温室課のみなさんとたわいもない話をして、一日が過ぎます。
ガム
中国のガム。キュウリ味も
温室課の親睦を深める、マストアイテム

あははははは・・・・
おしゃべりが大好きで、ムードメーカのAMEちゃん
4月から温室課と展示園課がタッグを組んで
栽培展示課に生まれ変わります。
これからも笑いの絶えない職場づくりを、どうぞよろしくお願いします。

さて、植物標本とはご存じでしょうか?
子供のときによつばのクローバーを辞書にはさんで、
押し葉を作ったことがあります。
植物標本とは、押し葉や押し花を台紙に貼ったもので、
正式にはさく葉標本といいます。
標本
 実際の植物標本
植物を乾燥させることにより、形質もそのままの状態で
100年以上も保存できます。
現在、収蔵してある標本はおよそ32,000点
整理していない標本をいれるとかなり膨大な数になります。
標本庫
 雑然とした標本室の内部 ナフタレン(防虫剤)の臭いが漂う

002_convert_20120328160211.jpg
 こっちはキノコが保管してある箱

古いものでは60年以上前に採取されたもの
富山県内のみならず日本国内、海外のもの
すでに絶滅した植物や、絶滅が危惧される植物など貴重な植物も多数あります。

植物標本は植物がたくましくけなげに生きた記録を残す、
植物園のとても重要な業務のひとつです。

では、次回は植物標本の作製についてお伝えします。



スポンサーサイト

はじめまして

富山県中央植物園ブログ第三弾
ブログはじめました。
その名も女子会

植物園で働く女性スタッフがリレー形式でお送りします。

日々のできごとや

植物の栽培や展示のこと

植物園のあんなことこんなこと・・・などなど

もりだくさんでお伝えします。

植物園に入ってすぐ、サンライトホールの天井
天井絵

この絵も

ジオラマも
ジオラマ

そして・・・
シーサー

熱帯果樹室の出入り口&沖縄のシーサーも

すべて女性スタッフが心をこめて手づくりしたものです。

植物園がより身近で、親しみを持ってもらえたらいいな・・・と思います。

まだ行ったことのない方も、ぜひ中央植物園に遊びに来てください。

たくさんの植物にきっと癒されますよ。

これからもどうぞよろしくお願いします。

ブログはじめました

テストです。
よろしくお願いします
プロフィール

女子会

Author:女子会
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。